手水舎の作法

かしわで.net

手水舎の作法

神社の鳥居が神様のいる神聖な場所との境界線という意味がありますが、
元々、神様に近づくとき(お会いするとき)は自分の体を清めなければなりません。
昔は川などで身を清めて参拝していたのでしょうが、今はそうもいきません。

そのかわりに手水舎でお清めをするようになったとも言われているそうです。
お参りをするために神社に来ているはずですので、
必ず手水舎でお清めをしましょう。

手水舎を単なる手を洗うところを言う認識の方もいらっしゃるようですが、
お清めすると言う考えになれば自然と手水舎に足が向きますね。

一連の流れはこんな感じです。

右手でひしゃくを持ち水をすくって左手を清めます。

左手でひしゃくを持ち替え、右手を清めます。

両手が清まったので右手でひしゃくを使い水をくみ
左手の手のひらに水を入れ口を清めます。
絶対にひしゃくに口をつけないように。

最後にひしゃくに水をくみ手で持った部分を清めるために
ひしゃくを立てて柄の部分に水を流して元に戻します。