御朱印とは

かしわで.net

御朱印とは

御朱印はもともと、寺社に対して納経をした時に受け付けた代わりにいただける印であったそうです。
寺院では南無阿弥陀仏などのお経を書き込むことが多いみたいですが、神社の場合は自社の名前を書いてもらえます。

一般的には初穂料として300円が相場ですが、500円と決まっている神社もあるようです。
お気持ちでと言われた場合は、300円お渡しするのが良いのではないでしょうか。
また、いただいておりませんと言われた場合は、僕はお賽銭箱に300円を入れるようにしています。

御朱印を集めることがブームになっていることに快く感じていない寺社関係者もいらっしゃるとは思います。
いただく我々の方も、単なるスタンプラリーと同じように考えるのではなく、
御朱印がどのようなものなのか、いただいた御朱印自体は大切にする心構えを持つと良いのではないでしょうか。

御朱印をいただく際には、御朱印帳を持参しましょう。
各地域の神社ではオリジナルの御朱印帳が販売されています。
見るだけで楽しくなるデザインも豊富なため、御朱印帳自体を収集している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

厳密な決まり事はないと思いますが、御朱印帳は神社用、寺院用と分けてもたれるといいかもしれませんね。

神社によって認識は様々のようですが、御朱印帳の1ページ目は伊勢神宮のために空けておくと言う事もきいたことがあります。
厳密に本当なのかはわからないのですが、伊勢神宮を一番上にと言う思いは理解できます。

本サイトは神社に特化しておりますが、日本の歴史を幹事ながら寺社の御朱印を集めるのはとても充実感がありますね。
あなたも集めてみませんか?
注)浄土真宗系の寺院では御朱印を行っていないので注意しましょうね。