帯廣神社

かしわで.net

帯廣神社

obihiro1.jpg

北海道帯広市にある帯廣神社を訪れました。
別表神社でもあり、北海道内で五番目に大きな神社となっています。

obihiro2.jpg

帯広市内ではいちばん大きな神社であり、
帯広中心地より見て鬼門の位置にあります。
このことから厄除けなどの御利益があると地元に人に愛されているようです。

 obihiro4.jpg

参道を進むと神門が見えてきます。
奧に見えるのが拝殿です。


obihiro3.jpg

狛犬もぱちり。
この日の帯広は抜けるような青空でした。

obihiro5.jpg

神門をくぐると拝殿です。
北海道神宮もそうなのですが、北海道の神社は正面からの写真が
結構好きだったりします。

obihiro6.jpg

 そして、全体的に白く感じます。


帯廣神社は、
この地域に住むことになった入植者達が移住した時から、
例祭を独自に行ってきたのが始まりだそうです。

その後、社殿を作りたいと申し出を行い、
札幌神社(現在の北海道神宮)から開拓三神を分祀し現在地に祀ったそうです。


御祭神は

大國魂神 
大那牟遲神
少彦名神

の開拓三神。

 

例祭も北海道神宮の日取りに合わせて同様に執り行われるということです。


境内社として
頓宮。春日神社があります。



obihiro-shuin.jpg

帯廣神社の御朱印です。




社名
帯廣神社
所在地
北海道帯広市東3条南2丁目1番地
祭神
大國魂神・大那牟遲神・少彦名神
ホームページ
http://www.obihirojinja.jp/
注意事項


大きな地図で見る