尾山神社

かしわで.net

尾山神社

oyama1.jpg

金沢市といえば、やはり尾山神社ではないでしょうか。
観光客の方々が沢山いらっしゃる、有名な神社です。
この日も団体さんが記念撮影の真っ最中でした。

oyama2.jpg
団体さんの記念撮影をすり抜けて階段を上ります。

尾山神社の象徴ともいえる神門です。
明治に建てられた和漢洋を取り入れた様式は全国的にも珍しいですね。
3層目にあるステンドグラスの中には元々御神灯がともされ、
昔は灯台の役割も果たしていたそうです。
さきっちょの避雷針は日本最古の物。

とっても変わった神門ですが、
金沢市民(僕を含む)はなんの違和感も無く、当たり前に感じています。

oyama3.jpg

後ろからも撮ってみました。


oyama4.jpg

尾山神社の拝殿です。存在感があります。
右の窓の中に見えるのは御鳳輦(ごほうれん)で、
金沢を代表とするお祭り「百万石祭り」でも使用されます


御神祭は 前田利家公 と正室の お松の方。

加賀百万石の礎を作ったお殿様をお祀りしています。
敷地内には摂社もあり、歴代藩主をはじめ当主・正室をお祀りしています。


oyama6.jpg


前田利家公の像です。

本来、
前田家の2代藩主利長公は利家公の没後、すぐに神として祀りたかったのですが、
時は徳川隆盛期の頃、外様大名に当たる前田家は目立ったことが出来ませんでした。
そのため、卯辰山に他の神様を合祀するとともに、利家を祀った神社を造りました。
これが卯辰八幡宮で、後の宇多須神社となります。

明治維新後の廃藩置県の後、旧加賀藩士が尾山神社を建立し、卯辰八幡宮から利家公を遷座して
広く前田利家公を敬うようになったということです。

最近、尾山神社から宇多須神社に対して、利家公の分祀が行われ、
それぞれ利家公を祀っています。
おもしろい歴史です。


oyama7.jpg

境内は広く、美しい池とお庭もある神社です。
兼六園を絡めて、金沢観光スポットの一つになっています。

oyama-shuin.jpg

尾山神社の御朱印です。
観光名所であるが故に、
バスツアーの参加者の御朱印帳を大量に旅行代理店の方が持ち込まれていました。
ある意味なんだかなぁと感じてしまいました。

社名
尾山神社
所在地
石川県金沢市尾山町
祭神
前田利家公
ホームページ
http://www.oyama-jinja.or.jp/
注意事項
 




大きな地図で見る