石浦神社

かしわで.net

石浦神社

ishiura1.jpg

金沢21世紀美術館の真向かい。
兼六園真弓坂の入り口にあるのが石浦神社です。

金沢市内でも最古の神社ともいわれています。

ishiura6.jpg



神社庁の情報を抜粋すると、

加賀国石浦村始め七ヶ村の産土神で、旧藩時代には俗に石浦山王社或いは地主権現と呼ばれ、別当所を長谷山慈光院と号した。社記によれば聖武天皇の天平11年の創建で、延喜式名帳に記載されている加賀十三座中の三輪神社は実に当社であるといわれる。金沢城地の土地神として歴代藩主の崇敬をうけ、旧藩中家老を始め市中士民の信仰又篤かった。明治元年神仏混淆禁止の際別当を廃し、同2年旧称を除き石浦神社と改称、同5年郷社に列せられた。昭和19年県社に昇格。金沢市最古の同市指定文化財「石浦山長谷慈光院氏子七ヶ村地図」所蔵。

ishiura7.jpg 

とのことで、歴史もありながら、神仏習合の影響か、拝殿はお寺のような佇まいです。

ishiura3.jpg


ホント、お寺さんみたいです。
ただ、前田家をはじめ、藩士に厚い信仰があったとのことで、
庶民に広く敬われている神社ということなのでしょう。

御祭神は

大物主神
大山咋命
天照大神
菊理媛神
天児屋根命
市杵島姫命
誉田別命

と、沢山の神様が祀られています。



写真を取り損ねましたが、
狛犬が見事で、年代を感じつつも、存在感を示していました。



ishiura4.jpg

釣り鐘を引っ張るモチーフが
お寺の名残だと思います。


観光エリアのど真ん中ですので交通量もかなり多く、
静寂な・・・とは言いがたいですが、
飛鳥時代に始まったと考えると
心静かにお参りできるのではないでしょうか。


ishiura5.jpg

なぜココにあるのかわからないのですが、
敷地内には

すし塚

包丁塚があります。


県内のお寿司屋さんがたくさんあるなぁと逆に感心しました。
今はもっと多いのかな。





ishiura-shuin.jpg

石浦神社の御朱印です。

御朱印をいただく際に宮司さんに教えていただいたのですが、
御朱印帳は最初の数ページは空白にしておき、
伊勢神宮をお参りした際に埋めていただくのが正解とのこと。

他の神社よりもしたに伊勢神宮を置かないためということなのでしょう。

ただ、疑問に思ったのが、
御朱印自体はお寺でもいただけるわけで、
その場合はごちゃ混ぜでもいいのかどうか。
それとも、
御朱印帳自体を分けるべきなのか。

考えてしまいました。

現在は、
金沢市内は安江八幡宮のもの。
県外は伊奈波神社のものを使っています。

いずれの御朱印帳の最初のページは
空白ではないです(笑)

宮司さんによってお考えは違うのでしょうかね。



石浦神社のWEBサイトは見あたりませんでしたが、
さすが観光名所。沢山のブログなどで紹介されています。

石浦神社を調べる


社名
石浦神社
所在地
石川県金沢市本多町3丁目1-30
祭神
大物主大神
ホームページ
なし
注意事項
 

大きな地図で見る