須須神社

かしわで.net

須須神社

suzu1.jpg

石川県珠洲市三崎町の須須神社(すずじんじゃ)を訪れました。
目の前が海です。
そして、能登半島の先端です。

小さい地図↓


金沢市から車で3時間くらいかかります。

 suzu2.jpg

鳥居を真後ろから見るとそこはもう日本海。

日本海以外は何もありません。



suzu3.jpg

 境内を進むと鳥居にさしかかります。
ここから参道を進み、階段を上ると

suzu4.jpg

須須神社の拝殿に到着です。
最近立替を行ったのか、非常に新しい綺麗な社殿でした。

御祭神は

天津日高彦穂瓊瓊杵尊
美穂須須美命
木花咲耶姫
 

 

須須美命の須須がそのまま「珠洲」という地名の語源になったという話もあります。
地名が神様や神社の名前になっていることは少なくはありません。


今回訪れたのは 高座宮(たかくらのみや)です。
もう一つ 金分宮(きんぶんのみや)があり、
両宮は「珠々三崎権現」「須須大明神」とも称され、

東北鬼門日本海の守護神として
航海安全を祈願する神様でもあります。

約2,000年前には山伏山の山頂にある奥宮にあったものが
天平勝宝年間に現在の地に来たそうです。

また、かつて源義経が奥羽よりおりてくる際に
時化にあい、この地にて無事に難を逃れたことから義経の笛と弁慶の刀が
寄進され、いまも宝物として保管されています。


能登では例祭でのきりこ(山車)が有名ですが、
須須神社のきりこは日本一の大きさとも言われています。

suzu-shuin.jpg

須須神社の御朱印です。
境内内の社務所でいただきました。


大きな地図で見る




と、通常はここで終わりなのですが、
車を少し走らせていると


suzu5.jpg

 奥の宮の鳥居を見つけてしまいました。
当然、誰もいないことはわかっていたのですが、
せっかくなのでと足を踏み入れてみました。


近くの道路に車をおいて
鳥居をくぐります。

suzu6.jpg

おそらくほとんど人が入ることはないのでしょう・・・

もののけ姫の山の中に入ってきた感じです。
緑で敷き詰められた参道を進むと
今度は整地されていない山道。

朝降った雨もまみえて必要以上にぬかるみます。


 

suzu7.jpg

歩き始めて40分ほど。
息絶え絶えで奧宮に到着です。

ホントに山頂です。

思いつきで登山は止めようと再確認したのでした。



今回は金分宮には行けませんでしたが
またの機会に。

一応、奥宮の地図も。
ズームいじると位置関係が見やすいかもしれません。


大きな地図で見る
社名
須須神社
所在地
石川県珠洲市三崎町寺家4-2
祭神
天津日高彦穂瓊瓊杵尊
美穂須須美命
木花咲耶姫
ホームページ
なし
注意事項
奥宮へはサンダルなどは避けた方がよいと思います。山に登る気持ちで向かいましょう。