椿原天満宮

かしわで.net

椿原天満宮

tubakihara1.jpg
お正月を利用して金沢市の神社を回ってきました。
今回は金沢市天神町にある椿原天満宮を訪れました。
金沢五社のうちの1社でもあります。


金沢大学と金沢美大の裏手にある坂の途中にあります。
この坂は天神坂とも呼ばれ、
この地名でもあり、天満宮の菅原道真からきているのかもしれませんね。
今では大きな環状道路ができたため、
逆自体の交通量は少なくスムーズにたどり着きました。


鳥居をから拝殿までは長い階段が続きます。


tubakihara2.jpg

途中、左手にある手水舎です。
小さいながらも真っ黒な瓦葺きが印象的です。
天満宮なので梅鉢の紋が見えます。



tubakihara3.jpg

そして、階段を上ろうとした先に狛犬が待っています。
非常に古い感じがします。(いつ頃なのでしょうか)
凛々しく後ろ足を揚げている狛犬です。

tubakihara4.jpg

やっとの事で登り切りました。
普段は右手の授与所はしまっていますが、
さすがお正月。お守りやおみくじを売っていました。

北陸の冬の神社は雪囲いをすることがほとんどで、
椿原天満宮も同様に囲われていました。


御朱印は拝殿に待機していらっしゃった宮司さんにお願いしました。
新年の祈祷にきている参拝客も多かったです。


tubakihara5.jpg

天満宮ですので、

御祭神は菅原道真

学問の神様でもあり、
このように石碑があります。裏手には椿が咲くそうです。
ここから椿原の名も来たのでしょうか。


富樫氏によって北野天満宮から勧請して来たのがはじめらしく、
一向一揆の時の砦跡もあり、金沢城を望むこともできます。
前田家の祈願所となっていたそうです。



tubakihara-shuin.jpg


椿原天満宮の御朱印です。



社名
椿原天満宮
所在地
石川県金沢市天神町1丁目1-13
祭神
菅原道真
ホームページ
なし
注意事項

大きな地図で見る