鶴岡八幡宮(相模國一宮)

かしわで.net

鶴岡八幡宮(相模國一宮)

turugaoka1.jpg

神奈川県鎌倉市にある鶴岡八幡宮を訪れました。
言わずと知れた日本の歴史の中でも有名な神社です。いざ鎌倉!

鎌倉幕府=源氏=鶴岡八幡宮とつながっていますよね。
源氏の守護神でもあります。



この神社の参道は由比ヶ浜からまっすぐ続いており、
この鳥居は二の鳥居となります。

人が一杯です。 

 

turugaoka2.jpg

沢山の人の流れに乗って歩みを進めてやっと三の鳥居に到着。
目の前のおじさんのぴかぴかしたシルバーの帽子が印象的です。

鳥居の奥には例の階段が見えてきました。 

 

turugaoka3.jpg

 

太鼓橋を渡り境内に入ります。すごい人です。
社殿もだんだん近くなり気分が高揚します! 

turugaoka4.jpg

 こちらが下拝殿。舞殿とも呼ばれます。
ここで静御前が義経のために舞を舞ったとか。

turugaoka5.jpg

右手には若宮があり、仁徳天皇ほか三柱が祀られています。厄払いの大行列が出来ていたので
今回は撮影は遠慮しました。

そして、大階段です!




左手には銀杏の木があるはずでしたが、
強風で折れてしまったのですね。


この階段で実朝が殺害されたのだなぁと感じながら
急な階段を新調に昇ります。


turugaoka5.jpg

 
登り切ったところに本宮の神門が待ち構えています。
ここをくぐって参拝となるのですが、
残念ながら撮影はNGでした。


turugaoka5.jpg

ぐるっと回って外側から撮影。
国の重要文化財でもあり非常に見応えのある社殿です。

御祭神は
応神天皇
比売神
神功皇后


源頼義が京都の石清水八幡を由比ヶ浜に勧請したことがはじめとされており、
源頼朝が源氏復興に際して、現在の地に遷座し上下宮の現在の形にして
鎌倉の総鎮守として厚く崇敬したのは有名です。

 

当時は一宮としても知られていたそうですが、
相模一宮のメインは寒川神社であり、
鎌倉幕府の意向や等もあったのでしょうか?特別待遇的に一宮になっていたようです。
現在はどちらも一宮会には入っているようです。

その後も武士=鶴岡八幡宮と言うくらい武家の信仰が厚かったようです。

 

現在の社殿は徳川11代将軍徳川家斉の造営で国の重要文化財になっています。

 

turugaoka5.jpg

 境内には頼朝、実朝を祀った白旗神社がありますが、こちらは真っ黒な社殿が印象的です。

そのほかにも数多くの摂社末社があり、
沢山の参拝客が順にお参りをしていました。


大変見応えのある神社でした。

 

 turugaoka-shuin.jpg

もちろん御朱印所の前にも長い列。
女性お二人が一生懸命書いていらっしゃいました。感謝です。
御朱印には一宮の文字はありません。


鶴岡八幡宮のWEBサイトはこちらです。

社名
鶴岡八幡宮
所在地
神奈川県鎌倉市雪ノ下2丁目1番31号
祭神
応神天皇・比売神・神功皇后
ホームページ
http://www.hachimangu.or.jp/
注意事項
拝殿奥は撮影禁止です。

 


大きな地図で見る