多度大社

かしわで.net

多度大社

tado1.jpg

三重県北部の桑名市にある多度大社を訪れました。
上げ馬神事。流鏑馬まつりなど馬にまつわる例祭が多いことでも知られています。


境内にさしかかった目の前にそびえるのが上げ馬神事の時の販路。
最後の登りが相当馬にはきつそうです。

tado2.jpg

 階段を上ると境内広場があり右手に神楽殿を見ながら鳥居をくぐり本殿を目指します。
非常に緑が多くすがすがしい感じがします。

tado3.jpg


途中、
白馬社や皇子社等の摂社を過ぎて見えてくるのが神門になります。左手に見える赤いのは美御前社です。

 

tado4.jpg

神額には多度両宮の文字が。
本殿は

本宮と別宮がありそれぞれに違う神様が祀られています。
 

tado5.jpg


こちらが本宮 多度神社。

御祭神は 

tado6.jpg


こちらが別宮 一目連神社

 

御祭神は


 

 

tado7.jpg


多度大社には神馬として実際に白馬がいます。にんじんをあげると喜んで食べます。




御祭神が伊勢神宮の天照大神の子供でもあり、伊勢参拝の道中に多度大社があることから
「お伊勢参らばお多度もかけよ、お多度かけねば片参り」
と古くから言われており、
伊勢神宮参拝ではセットで参拝される方がとても多いそうです。


元々は多度山全体を氏神として祀ったのが始まりだそうですが、
奈良時代に寺院として反映し、その後、織田信長の兵火によって焼失。
後年、桑名城主になった本田忠勝がこの地の再興の折に
多度大社より復興を行ったと言われています。

 

 

北伊勢地方の総氏神として沢山の参拝が毎日あると言うことです。
 

 

 

tado-shuin.jpg

 

 

 多度大社の御朱印です。

社名
多度神社
所在地
三重県桑名市多度町多度1681
祭神
天津彦根命
ホームページ
http://www.tadotaisya.or.jp/index.html
注意事項
上げ馬神事は5月4日5日に行われているそうです。

 


大きな地図で見る