足長神社

かしわで.net

足長神社

ashinaga1.jpg

長野県諏訪市の足長神社を訪れました。先にお邪魔した手長神社の宮司さんがこちらも一緒にお参りしたらと言うオススメで
足を伸ばしてきました。手長神社からは車で5分ちょっとくらいの距離です。

小高い丘の住宅街の中にこのように鳥居と参道の階段が長く伸びています。

ashinaga2.jpg

階段を上りきると小高い山の中腹に広い台地があります。
息が上がってぶれた写真はご勘弁ください。

この場所には桑原城があったということです。
お城と神社は密接な関係にある事が多いですね。


場内になった社を移築するとか。


ashinaga3.jpg

拝殿を少し離れた角度から撮影しました。
宮司さんが是非みて欲しいというすばらしい彫刻が金網で保護されています。

入り口に掲げられていた諏訪教育委員会の立て札には
1842年に大隅流の大工によって作られたもので、
この時期の長野の神社建築では有名な大工さんのようです。



ashinaga4.jpg

拝殿の格子から中をのぞいてみました。
扉の左右に見事な竜の彫刻。
そして扉の下の部分にも見事な彫刻が。

ashinaga5.jpg

拝殿の手前左にある神楽殿と思われる大きな建造物にも見事な獅子や獏や竜の彫刻と
足長大明神の扁額。
こちらは1862年の建造とのこと。
手長神社の宮司さんがおっしゃるとおりすばらしいものでした。


ashinaga6.jpg

いやはやしかし見事です。


足長神社の御祭神は脚摩乳命。

手長神社の手摩乳命の旦那さんでもあり、
あの素戔嗚尊の妻である奇稲田姫のお父さんに当たる神様です。


元々、諏訪大神がこの地に来る以前から崇敬されていたという事で、
地元土着の神様でありながら、諏訪大社上社の摂社でもあります。




ashinaga-shuin.jpg







社名
足長神社
所在地
長野県諏訪市四賀足長山5386
祭神
脚摩乳命
ホームページ
なし
注意事項
通常は無人の神社となります。御朱印は手長神社さんの社務所で問い合わせの必要があります。


大きな地図で見る