日枝神社(山王日枝神社)

かしわで.net

日枝神社(山王日枝神社)

sannohie1.jpg
東京都千代田区永田町。
いまの日本の大事なものがいっぱい詰まっているこの場にある
日枝神社を訪れました。

東京十社の一つでもあります。

こちらは裏参道となる大鳥居ですが、右手にはエスカレーターがある
とても近代的な作りになっています。

目の前が外苑通りなのですが、
交差点で立ってまして、


「あ、なので溜池山王なのか。」

 

と一人で気づき一人で自己解決。


そんな日枝神社です。山王日枝神社とも呼ばれています。

sannohie2.jpg

一応、表参道から鳥居をくぐって階段を上ります。
こちらは男坂と呼ばれかなりキツイ(裏参道側は女坂と呼ばれているようです)
結構急な階段で上りきったところに真っ赤な随神門。
インパクトあります。


神門をくぐると境内に入ります。
左手に鶏がいました。


sannohie3.jpg

こちらが日枝神社の拝殿です。

こちらも赤い。


左右には狛犬ならぬ猿の像。
山王のお猿さんは神の使いとして敬われ、
本殿の両側と神門にも像があります。
両方対で夫婦と言うことです。
 

 

sannohie4.jpg

 

 御祭神は

 

大山咋神

 

相殿に

国常立神
伊弉冉神
足仲彦尊

を祀っています。



WEBサイトから由来をたどると

元々は武蔵開拓の折、川越山王社を太田道灌が江戸城築城の際に勧請したことが
始まりと言われています。

その後、徳川家康が江戸に入ってから江戸城鎮守として敬い、
秀忠の時に城外へ移され、一般の市民が参拝できるようになったそうです。


将軍家綱の時代に焼失し、現在の地に移ったと言われています。
ちょうど現在の場所が江戸城の裏鬼門の場所に当たるそうです。


その後明治に准勅祭社になり東京十社の一つとして
広く崇敬をうけている神社でもあります。


江戸三大祭りの一つでもある山王まつりは
日枝神社の例祭でもあります。


sannohie-shuin.jpg

日枝神社の御朱印です。
境内から一度外に出て鉄筋ビルの社務所入り口でいただけます。


社名
山王日枝神社
所在地
東京都千代田区永田町2丁目10番5号
祭神
大山咋神
国常立神
伊弉冉神
足仲彦尊
ホームページ
http://www.hiejinja.net/
注意事項


大きな地図で見る